事務職 経理部

会社の手厚いサポート環境の元で
学ぶことを楽しみながら成長

現在の担当業務を教えてください。

経理部の決算を行う主計チームに所属しています。メンバーは8名。年度決算、四半期決算や月次決算等、毎月会社の売上高等の数字をとりまとめ、正しく計上していくのが役目です。その他にも固定資産関連業務や管理部門の営業費のチェックといった業務も担当しています。経理はミスがあってはならない仕事。各部署から送られてくる数字とただ机でにらめっこするのではなく、各部署の方々とコミュニケーションをしっかり取ることが、ミスを防ぐ最大の秘訣です。処理をしていて何か気になる部分があればすぐ聞きにいき、確認する。そうした注意深い作業と確認の繰り返しが間違いのない計上につながります。そのため、日頃からいろいろな人と接し、より良い関係を築くことで仕事がスムーズになります。達成感を感じるのは決算までの予定を立て、やりきったとき。仕事を行う上で日々気づきがあり、それを上司や先輩に相談しながらいい形で進められ、チームの力になれたと感じるときは喜びを感じます。

また、経理の仕事とは別に2か月に一度発行している社内報「RtMJ TIMES」の編集委員も務めています。6〜7名の委員で内容を決めて進行しますが、普段の業務では接点のない方々と話したり、幅広く会社のことを知ることができたりと、とても面白く作業を行っています。

未経験の業務を担当するに当たって
どのような苦労があったのでしょうか?

最初は経理知識もなく、部署の方々もベテランの方ばかりで私にできるのかなと不安はもちろんありました。しかし、会社のサポートが手厚く、しっかり勉強させていただいたおかげで、スムーズに馴染んでいけたと感じています。必須の簿記の知識は配属から半年ほど業務の傍ら簿記の学校に通わせていただき、2級を取得しました。そのほかにも社内外や親会社の研修にたびたび参加して勉強する機会をいただき、次第に自信をつけました。就業時間中に週に何度か学校に通うという日々は「いいのかな?」と感じることもありました。また、慣れないうちは勉強と業務を両立する大変さも味わいました。しかし、会社がしっかり勉強する時間を設け、積極的に学ばせてくれる教育環境のおかげで一通りのことはこなせるようになったと思います。また、私は元々数字が得意だった訳ではありませんが、勉強することは好きです。簿記の学校や研修では新しい知識に触れ、自分が成長できるのが感じられて、充実感もありました。

資格取得以後は学んだことを活かし、少しずつ業務に携わるようになりましたが、実務と知識が結びついたときは両者がつながった気がして快感でした。今でも業務が知識と結びつく瞬間がたびたびありますが、そのたびに仕事への意識が新たに高まります。

三菱商事RtMジャパンという会社の良さはどこに感じられますか?

まずしっかり勉強させてくれるところだと思います。私は経理部配属だったので簿記の学校に通わせていただいたのは少し特殊事例ですが、社内外にさまざまな研修が用意されていて、手を挙げれば参加できますし、学ぶ環境や制度は整っていると感じています。育成についても、インストラクターとメンターという2人の社員が新人をサポートしてくれます。インストラクターは仕事を指導してくれる方で、同じ部署の方になります。メンターは会社生活が順調であるよう、相談に乗ってくださる存在です。メンターは他部署から選ばれるので、気兼ねなくいろんな話ができて、とても良い制度だと思っています。いろいろなことを気にかけてコミュニケーションを取ってくださるので、よくランチに出かけ、さまざまな話をしています。

元々、商社というのは何をしているのか漠然とした想像しかありませんでした。けれど、説明会や就職活動を通してお会いした役員や先輩社員の方々の印象が良く、「一緒に働きたい」と素直に感じることができたのが入社のきっかけです。実際に入社してみて、こうしたメンターやインストラクター、周囲の社員の方々に恵まれ、最高の環境だなと感じています。

休日はどのように過ごされていますか?

旅行をするのが好きで、学生時代から国内外いろいろなところに旅行してきました。私の仕事は決算期など、忙しい時期が予め予測できます。逆に考えれば休みの計画を立てやすく、早めに予定を決められるので助かっています。旅のスタイルはそのときどきで異なり、とことんアクティブに過ごしたり、温泉地に逗留してのんびりしたりと、一緒に行く人の好みに合わせて行き先も現地でやることもさまざまです。先日は家族と秋田の祖母の家を訪問して、ゆっくり休日を過ごしました。最近は国内旅行が多いので、時間を取って海外にも行きたいと思っています。

今後の仕事の上での目標を教えてください。

まだ入社してから日が浅いので、今は目の前のことをしっかりできるようになるのが目標です。しっかり会計知識を身につけ、経理業務を幅広く見て多くのことを学びたいと思っています。

やってみてわかったのですが、経理という仕事はずっと勉強が続いていく仕事です。取り扱う商品ごとに会計処理も異なり、制度が変わればそれに対応して新しい知識やスキルを身につける必要があります。当社は世界にまたがってビジネスを行っているので、海外のことについて知っておいた方が良いと感じる場面も多々あります。必要なスキルや知識を挙げればきりがありませんが、これまで同様楽しみつつ、社会状況の変化にも臨機応変に対応しながら経理のエキスパートを目指していこうと思います。

※役職・所属は取材時のものです。

One Day Schedule

ある日の1日のスケジュール

9:00
出社、メールチェックなど
9:30
親会社の研修に参加
11:00
資料チェック
12:00
メンターの先輩とランチ
13:00
月次概況の資料作成
18:00
退社