電池・モビリティ事業

  1. TOP
  2. 事業紹介
  3. 電池・モビリティ事業

電池材事業部

カーボンニュートラル社会に向けて急成長が期待される電気自動車に必須なリチウムイオン電池の主原料であるニッケル、リチウムやコバルトの需要が今後大きく伸びていくと予想されています。電池材事業部では、これら原料のグローバルなお客様への供給を行っており、将来の更なる安定供給を担うべく様々な新規プロジェクトの開拓に取り組んでいます。

レアメタル事業部

レアメタルやレアアースは電気自動車に必須な永久磁石、スマートフォンに欠かせないSAWフィルターや半導体製造用の研磨剤など、カーボンニュートラル社会の実現やデジタル社会の更なる発展に欠かせない部材の原料です。レアメタル事業部では、レアメタルとレアアースのお客様への安定供給を行っております。

水素材料事業部

カーボンニュートラル社会の実現には水素産業の発展が必須と予想されています。水素材料事業部では、水素産業のコアとなる燃料電池や水素製造装置のコア部材の供給を全世界のお客様へ開始しており、将来の更なる安定供給を担うべく様々な新規プロジェクトの開拓に取り組んでいます。

モビリティ関連事業部

カーボンニュートラル社会に向けて、モビリティ産業では車体の軽量化、電気自動車の開発や使用原材料のリサイクルニーズなどが急速に高まっています。モビリティ関連事業部では、これらニーズに対応する為に必須なモビリティ用アルミ部材の製造・販売・リサイクル事業をパートナー企業様と共に展開しています。三菱商事RtMグループが有するグローバル産業ネットワークを活用して業界最先端のニーズを捕捉し、このモビリティ用アルミ部材事業を発展させる事で、モビリティ産業全体の更なる発展とカーボンニュートラル社会の実現に貢献して参ります。